「萌え」とはそもそも何か


同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
taitoru.jpg

こんばんわ
萌えログ管理人のらすくです。

久々に更新となります。

今回のテーマは実は本ブログを立ち上げた時から書こうと思っていたテーマになります。

もっと言うと「萌え」について複数回に渡ってアレコレ書く方針でしたが、萌えコンテンツを紹介する方針に転換したため、今回の記事が実は元々やりたかったブログの形だったりします。

きちんと語ろうとすると10回ぐらいに分けないと書ききれないため、今回はかなり概要だけに絞って執筆してみました。

それでも結構な長さとなりますが…

超忙しい人向けの3行記事
今回はないよ~



萌えとは

CmvXMg3VYAAcDoY.jpg

「萌え」とは何かというのを説明するのは実は非常に難しいです。

恐らくは多くの人が自然と口にしてはいるものの、明確に「こうだ!」と定義付けられる人はあまりいないと思います。

ザックリ説明すると「感情表現」の一つになります。

主に二次元のフィクションのキャラクターに対して、情熱・欲望・執着心と言った気持ちを表す言葉では無いでしょうか。

昨今では三次元にも適用されるため、使用例としてはかなり幅広いかと思います。

ちなみに「萌え」の反対の言葉としては「萎え」があります。

オタク界隈で使われだした時期はいつか

これは恐らくでは1980年代後半~1990年代と言われています。

一般の家庭にインターネットが普及する以前の、パソコン通信時代に誕生した言葉になります。

当ブログでは萌え関連の様々な用語について解説してきましたが、「萌え」と言う言葉は全ての起源に当るためその歴史は大変古いです。

世間で使われだした時期

2005年流行語大賞

ライトオタクも含め、オタク界隈で「広く」使われだしたのは恐らく2000年頃の、インターネットが一般の家庭の普及し始めた頃では無いかと思います。

当時は「萌え板」と言った萌えると思ったイラストを、画像貼り付け掲示板などに貼り付けるのがブームになっていましたね。

2005年にはユーキャンの流行語大賞に選出され、同年「新語・流行語大賞」ではトップ10に入選したこともあり、それまでオタク界隈での用語だったのが、世間一般の共通認識の言葉に発展しました。

そのため、それまでは(2005年以前)オタク用語としてマスメディアに取り上げられていましたが、ここを機に一般的な用語として使われるようになったのではないでしょうか。

萌えの起源

nfty.jpg

多くの方々が「萌え」の起源について調査を進めたのですが、現在のところ正確な起源は分かっていないのが現状になります。

諸説には1993年に放送されたSFアニメ「恐竜惑星」のヒロインの名前が「萌」だったとか、1994年に「美少女戦士セーラームーン」第3期シリーズから登場した「土萠ほたる(ともえ ほたる)」が起源だと主張する人もいますが、1980年頃にも見かけたと言う話もあるため、これは当てはまらないかと思います。

一番最古のものとしは1980年に放送された「伝説巨神イデオン」の熱心なファンたちが、「ファンロード」と言うアニメ雑誌の投稿欄で使い始めたという説があります。

ただこの時の「萌え」は、今回の記事の対象の「萌え」ではなく、「ファントム・モエラ」と言うキャラクター名(男性)の事を指しており、いわゆる当て字に近いかと思います。

その為、結論正確な起源は分からないのですが、ただ一つ言えるのが1980年代後半にパソコン通信のチャットで「燃え燃え~」からの変換遊びに発展し、「萌え」と言う言葉が誕生したのが恐らくは起源なのではないかと筆者は推測しています。

商業作品での「萌え」の登場時期

FE9QffXakAIWz-K.png

商業作品でオタク用語が使用されると、その言葉が特定界隈で認知されつつある証拠になります。

では、実際に商業作品では使われた時期はいつ頃なのかを探ってみました。

追ってみると一番最古のものは、1996年4月にスタジオメビウスから発売した「悪夢」というアダルトゲームに登場しているのが確認されています。

もしかすると更に古い時代に、現代に通じる「萌え」を使用しているケースがあるかもしれませんが、なにせインターネット普及前に誕生した言葉なのでこれ以上古い作品では確認出来ませんでした。

もし、どなたかご存じの方が居たらコメント欄で教えてください。

萌えの種類

「萌え」は一言で言っても実は様々な種類が存在します。

ここではザックリ区分けした4種類の萌えの種類について説明します。

要素・属性
萌え属性1125

厳密に言うと「要素」と「属性」は違うものですが、日常生活においては混同していても大して問題ないので、ここでは特に区別はしないでおきます。

萌え属性(要素)と呼ばれるもので、そのキャラクターに備わっている性質や特徴を指します。

例えばですが、「妹属性」「姉属性」「ツンデレ属性」と言った、その人が萌える対象の属性になります。

これはその人個人の好みを表現しているため、キャラクターの属性としての紹介というよりも「私は◯◯属性」と言った使い方になりますね。

仕草
Do1mtR0V4AA-dII.jpg

萌え仕草は、そのキャラクターの行動(行為)、表情に対して萌えを感じさせるものになります。

例えば「うなじをかきあげる」とか「間接キスをする」と言ったものが挙げられます。

こちらもその人個人で好みが異なるため、一見するとどこに萌え要素が…?と言う行動に対しても、萌える人は萌えるものになります。

シチュエーション
萌えしちゅ1125

萌えシチュエーションは「場面」「状況」に対して萌えを感じさせるものになります。

前述の2つの種類と異なり、直接キャラクターには結びつかないのですが、例をあげると「強風でスカートが捲れる」とか「両親の再婚で血の繋がらない妹が出来た」と言ったものが挙げられます。

昨今のラノベ業界では、主にシチュエーションの萌えに特化した作品が多いような気がしますよね。

特定の人にターゲットを絞った戦略かと思いますが、シチュエーション萌えは昨今の流行の対象かと思います。

関係性
13492281l.jpg

関係性萌えはシチュエーション萌えとやや似ている部分もありますが、キャラクターとキャラクターの関係に対する萌えになります。

こちらは妄想が得意な女性に人気な萌え属性ではないかと思います。

もちろん男性も好きな人は沢山います。

二人のキャラクターがいた場合、「お互いどう想っているのか?」とか「お互いの立場は」とか「周囲がこの両者に対してどう思っているのか」とかですね。

必ずしも二人だけではなく、三人と言った複数のケースもあります。

もう少し噛み砕いて説明すると、「異性愛・同性愛」「友人・親友」「兄妹・姉弟」「身長差」「身分差」と言った、当人たちは特に萌える環境ではなくとも、第三者から見ると色々妄想を掻き立てると言ったものになります。

萌えの発端はエロである

メイドエロゲー

何だか身も蓋もない言い方な上に、多くの人から批判・反論されそうな極論なので、あくまで筆者の持論として流し見して頂けると幸いですが、個人的な見解としては全てエロから始まっていると思っています。

例えば初期の「萌え」の代表格として「メイド」が挙げられますが、このメイドも始まりは90年代のエロゲーになります。

最近だとハーレムラブコメなんてものが流行っていますが、これも元々は90年代のエロゲーでハーレムエンドが人気だったことから、全年齢の作品にも流行るようになったかと思っています。

その他にも多くの「萌え」に関するコンテンツのルーツを辿ると、大抵がエロいコンテンツ、またはエロゲーに行き着くことが多々あります。

恋は性欲をロマンチックにしたもので、愛は恋の果てに得た自分より大切なもの。

これが私の持論になるのですが、「萌え」とはどこか可愛いものを愛でる的なマイルドな扱いですが、やはりその裏には性欲が無いと成り立たないと思っています。

でも私はこれが決して悪いとは思っていません。

日本はどこか「性欲」を「悪」と捉える風潮がありますが、「食欲」や「睡眠欲」と同様に人として大事なものだと思っています。

ならば今使われている萌えとは

久保さん姉

今使われている「萌え」は「エロ」とは一線を引かれた存在になっていると思っています。

勿論「性的興奮」の意味合いが含まれるケースもありますが、おっぱいといった純粋なエロティシズムとは決定的に差異があります。

「萌え」に関する議論は常に耐えることはありませんが、この点だけは共通認識として全体的に合っています。

元々は動詞として始まった本用語ですが、今では名詞、場合によっては感嘆詞として用いられるのが現在の姿になります。

また、当初女性キャラクターを指していましたが、今や性別に拘りや、二次元だけでなく三次元の人物であったり、もっと言うと動物や無生物、更には無形の概念(音楽)と幅広く千差万別の状態になっています。

その為、現在この「萌え」と言う言葉をきちんと定義付けて説明できる人は居ないと思っています。

これからの萌えは

4573211462517_A01.jpg

いつもの締めくくり方だと今後の「萌え」の行く末は…的な事を語るのが定番ですが、さすがに「萌え」に関しては私から言わずもがなかなと今回は思っています。

なので少し違う視点でお話をすると、これからはあまり「萌え」と言う単語は特別な言葉ではなくなるのかなと思っています。

例えば「綺麗だね」とか「かっこいいね」って言葉は、単純な褒め言葉であったりするし、「TVゲーム」とか「スマホゲーム」とかはただの名詞に過ぎないですよね?

「萌え」もそういった一般単語として特別な単語ではなくなると思っています。

まぁもう徐々にそうなっているところもありますよね。

それぐらい一般的な共通言語であり、また様々なコンテンツの中に溶け込んでいっています。

筆者は長年「萌え」を愛してきましたが、これから先もずっと追い求めて行くし、こうしたうんちくを語っていくと思います。



如何でしたでしょうか?

「萌え」とは本当に奥深いものです。

本記事は本当は宣伝用のTwitterのアカウントで1万フォロワーぐらい達成したら公開しようと思っていましたが、広報用のTwitterアカウントの削除が決まったこともあり、少し早いですが公開に至りました。

本記事を通して、皆様が考える「萌え」に関する解釈などを良かったらコメント欄で教えて頂けると嬉しいです。

ご清覧ありがとうございました。


[ 2023/11/25 18:36 ] 雑学 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
神秘なキャラクターエルフについて語ってみた 2024/01/21
ボクっ娘の魅力について語ってみた 2024/01/14
2023年秋アニメ入浴シーンを集めてみた 後編 2024/01/07
2023年秋アニメ入浴シーンを集めてみた 前編 2024/01/06
「萌え」とはそもそも何か 2023/11/25
【再掲】【修正】萌えログ(一時)更新停止のお知らせ 2023/10/07
2023年夏アニメの入浴シーンをまとめてみた 2023/09/30
驚異的な成長を遂げているASMRについて語ってみた 2023/09/23
2023年秋アニメ皆様は何を見ますか? 2023/09/16
近年急成長してきたメスガキについて語ってみた 2023/09/09
萌え系単発記事
ボクっ娘の魅力について語ってみた 2024/01/14
「萌え」とはそもそも何か 2023/11/25
驚異的な成長を遂げているASMRについて語ってみた 2023/09/23
近年急成長してきたメスガキについて語ってみた 2023/09/09
昨今急激に注目されている太ももについて語ってみた 2023/08/26
男子の夢のメイドについて語ってみた 2023/05/27
男性の夢であるハーレムアニメについて語ってみました 2023/03/18
漢の浪漫?裸○○シリーズについて語ってみた 2023/02/25
不思議な魅力のダウナー系女子について語ってみた 2022/12/03
可愛ければ良し!女体化について語ってみた 2022/11/19
愛すべきアホの子について語ってみた 2022/11/05
年上ヒロインはお好きですか? 2022/10/22
ボーイッシュな女の子は好きですか? 2022/10/15
理不尽に脱がされるお色気担当について語ってみた 2022/09/17
健康優良児?褐色肌キャラクターについて語ってみた 2022/09/10
混ざりたい?見守りたい?百合について語ってみた 2022/08/06
今一つ認知度が低いTSFについて語ってみた 2022/07/30
アナタは足フェチ?それとも脚フェチ?生足の魅力について語ってみた 2022/07/23
ヒップについてアレコレ語ってみた 2022/07/16
みんなに愛されているラブコメの歴史を振り返ってみた 2022/07/09
バブみたいママ属性ヒロインについて語ってみた 2022/07/02
どの目が好き?感情表現に伴う目の表現方法について語ってみた 2022/06/25
思わず押したくなる「へそ」の魅力について語ってみた 2022/06/18
寝取られ?寝取り?今流行のNTRについて語ってみた 2022/06/11
神秘な領域パンチラについて語ってみた 2022/05/14
愛情の印のキスについて語ってみました 2022/02/12
実家のような安心感の幼馴染ヒロインについて語ってみた 2021/11/27
千と乳首の神隠し!見えそうで見えないアニメの入浴シーンについて語ってみた 2021/11/20
小さい女の子と大きい男の子に愛されているヒロイン変身シーンについて語ってみた 2021/10/30
おっさんホイホイ?ブルマーの誕生から消滅、そして転生までの軌跡を追ってみた 2021/10/09
ジト目について語ってみた 2021/09/25
可愛さ抜群!!ツインテールについて語ってみました 2021/08/28
アホ毛が本体?アホ毛キャラクターについて語ってみた 2021/07/15
知的?罵られたい?眼鏡っ娘キャラクターについて語ってみました 2021/07/04
クール&ビューティ男装女子について語ってみました 2021/06/20
モフモフを堪能するケモミミについて語ってみた 2021/06/15
みんな噛まれたい八重歯キャラクターの魅力について 2021/06/06
絶対領域について語ってみた 2021/05/23
オッドアイについて語ってみた 2021/05/16
デレシリーズ完結編 2021/05/13
クーデレを知りたいですって?いいわ、いくらでも教えてあげる 2021/05/01
ヤンデレを知りたい?フフフ・・・いいわ、教えてあげる 2021/04/20
ツンデレを知りたい?バッカじゃないの!仕方ないわね、良いから聞きなさい! 2021/04/17
みんな追いたくなるポニーテールについて語ってみた 2021/04/10
みんな大好き縞パンについて語ってみました 2021/03/09
考察記事
百合とレズの混濁を歴史の紐解きながら語ってみた 2023/09/02
性的嗜好、性的指向、フェチの違いについて語ってみた 2023/06/24
貧乳キャラは果たして人気があるのか?少し考察してみた 2023/06/17
試合に負けても勝負に勝つサブヒロインについて語ってみた 2023/06/03
悪質な海賊版抱き枕カバー販売業者と戦った軌跡 2023/04/15
過去に問題になったエロゲーについて紹介してみた 2023/04/08
シナリオゲー、キャラゲーなどエロゲ界隈でよく使われるジャンルを整理してみた 2023/02/18
タイトルが長いのでもう少し手短にしてもらえませんか?っていつも思うので、今回は長いタイトルについて語ってみました 2023/02/11
何が正解?ラブコメはどう締めくくると良いか超主観で考察してみた 2023/02/04
髪色によるヒロイン像の傾向を超主観で考えてみた 2022/10/29
ギャップ萌えについて考察してみた 2022/09/03
エロゲ発祥の用語集 2022/06/04
オタクのためのフリマガイド 2022/04/30
VTuber誕生までの軌跡について語ってみた 2022/03/05
最高の夢を与えてくれる抱き枕について語ってみた 2022/02/19
詐欺と噂されるアールジュネスの展示会に行ってきた話 2021/10/10
アダルトゲームメーカーのブランド分けについて語ってみた 2021/02/27
一般ゲーからエロゲーになった作品について語ってみた 2021/02/13
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: