何が正解?ラブコメはどう締めくくると良いか超主観で考察してみた


同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
136_01_タイトル

こんばんわ
萌えログ管理人のらすくです。

今も昔のずっと愛され続けて来ている創作物語の鉄板ジャンルであるラブコメですが、どんな人気あるラブコメも何かしらの批判を伴うことが増えたように感じています。

過去にラブコメ絡みの記事を多数執筆してきましたが、今回の記事はいつもの客観的な分析ではなく、筆者個人の超主観的な内容で語ってみました。

そのため、今回書かれていることは「正解」ではありません。

あくまでも筆者の一個人の考えと思っていただけると幸いです。

また今回の記事は「男性主人公(男性目線)」のラブコメの考察になります。

参考:

超忙しい人向けの3行記事
今回は無いよ~



ラブコメの主人公の傾向は年代によって変化

1980年代
136_02_01_主人公の傾向

体力:高
知力:低
性欲:低~高(両極端)

この頃のラブコメの主人公は熱血タイプが多く、猪突猛進で学校の勉強はあまり得意ではなく、体力バカなケースが多かったと思います。

スポ根の作品ではひたむきにスポーツに打ち込むため、あまり性欲全開なキャラクターはいないですが、コメディに振り切った作品になるとナンパ師だったり性欲に一直線なキャラクターが多かった気がします。

当時はやはり、男性は力強くあるべきという風潮が影響しているかもしれませんね。

1990年代
136_02_02_主人公の傾向

体力:中
知力:中
性欲:中

この頃になるといわゆる草食系男子が多く登場し始めており、体力は並、知力も並と言った、良くも悪くもあまり目立たない系の、いわゆる普通タイプの主人公が多かったと思います。

まだ草食系男子という言葉が世に出ていない時期ですが、徐々に男性が力強くあるべきと言うのが受けなくなって時期に、差し掛かってような気がします。

しかし、この頃からハーレム系の作品が増えてきたこともあり、特に取り柄が無さそうな平凡な主人公が何故か多くのヒロインに愛されると言う展開に世の男性は魅了され、世の女性は「何故こんな人がモテているの?」と首を傾げておりましたね。

2000年代以降
136_02_03_主人公の傾向

体力:低
知力:高
性欲:ムッツリ

この頃になると20年前の作品と主人公の傾向はガラリと変わってしまい、体力は無いけど勉強は出来る系の主人公が増えてきたかと思います。

スポ根や格闘系の作品の場合体力はしっかりあるのですが、どの主人公も猪突猛進系なタイプよりも少し冷静に分析できる知的なタイプが受けるようになります。

ただ知力も天才よりも、努力して勉強した結果、好成績を納めるといった秀才タイプが目立つようになります。

まぁ求められる男性像も体力バカよりも、将来安定しそうな人を選ぶようになったというのと、草食系男子が増えたのが影響しているのかもしれませんね。

ラブコメのヒロインの人数は年代によって変化

136_03_ヒロインの人数

ラブコメのヒロインの傾向については、過去の記事で死ぬほど語ったので、そちらを見るのが一番早いかと思います。


ヒロインはラブコメのメインディッシュの存在なため、あまり鉄板というキャラクターは存在しないのかもしれません。

ただ、登場するヒロインの数は時代とともに増えてきた傾向があるかと思います。

1980年代の頃はせいぜい2人ぐらいだったかと思います。

1990年代からはハーレム系作品が増えてきたこともあり、ヒロインの数も3人、4人と増えていったかと思います。

同時期に流行し始めたギャルゲーも、攻略人数が10人近くいて、この当時の傾向かと思います。

そういう意味では1980年代のらんま1/2は、ハーレム系の先駆者的な存在でしたね。

最近のラブコメでは概ね4人~5人といった感じでしょうか。

作者が男性か女性かによってヒロインの傾向が異なる

今まで多くのラブコメを見てきましたが、作者の性別でヒロインの性格に傾向がある気がしています。

まず男性作者が描くヒロインは「とにかく可愛い!」に尽きます。

136_04_01_ヒロインの傾向

もちろん弱点や苦手な点はあるのですが、ぶっちゃ男性目線から見るとグッドポイントにしかならないようなものであり、良くも悪くも理想の女の子であることが多いです。

清純と言いますか、心が綺麗というか、男性が理想とする「良い」女性がそこにいます。

一方女性作者が描くヒロインは可愛いだけでなく、女性の腹黒い一面が垣間見えることがあります。

136_04_02_ヒロインの傾向

綺麗事ばかりではなく、性格が悪い一面もあり、「人間らしさ」が表現されています。

好みは分かれるかもしれませんが、女性作者のヒロインの方が物語としては面白くなるんですよね。

キャラクターが自由に動くのです。

そして女性作者が描くヒロインでもう一つの傾向として、かなり奇抜な性格な女の子を描くのも傾向としてありそうですね。

ラストはどうなると良い?

ラストは大きく分けると以下の3点に分かれると思います。

  • 一人と結ばれてハッピーエンド
  • 一人と結ばれてその後暫く続く
  • ifルートとして全ヒロインとのハッピーエンド

これはいつも物議を醸していると思っています。

一人と結ばれてハッピーエンド
136_05_01_ラスト

昔のラブコメは概ね一人と結ばれてハッピーエンドが鉄板だったと思います。

しかし、これが一番良い結末の迎え方だと筆者は考えています。

その後スピンオフなどで後日談とかが描かれると、非常にムネアツな展開ですよね。

ただ、ダラダラと連載が続き、人気が低迷したのを期に、慌てて最終回に向けてドタバタと一人と結ばれてハッピーエンドを迎えるのは、読者が盛り下がって興味が薄れたタイミングでクライマックスの展開なため、勿体ない感がします。

更に加えて自分の推しと結ばれなかった時は、どうしても盛り上がりに欠けてしまいます。

一人と結ばれてその後暫く続く
136_05_02_ラスト

これは良い場合と悪い場合があると思います。

結ばれた後のイチャイチャを見たいんだ!と思う層には良いかもしれませんが、概ねグダってきてしまう印象は拭えません。

そもそも結ばれる瞬間が一番のクライマックスなため、その後どうしても盛り上がりに欠けてしまいます。

更に盛り上がらせようとして、大きな事件を描こうとしても、作風が変わってしまう事があり、かなり作者の能力が問われるかと思います。

ifルートとして全ヒロインとのハッピーエンド
136_05_03_ラスト

これは割りと悪手な気がしています。

ヒロインにはそれぞれ推しファンがいるため、全てのファン層を要望を叶えますが、パラレルな話になり現実味が薄れてしまうと思っています。

ゲーム化した際に、別のヒロインと結ばれるルートが作られているのは、物凄くムネアツな展開なのですが、原作でそれをやってしまうとゲーム化した時の売り込み手段も無くなりますし、何より公式は「正」のルートなので、そこが複数ルートになると何が正しいのかがモヤモヤしてしまいます。

良く言えば読者に寄り添う、悪く言えば読者に媚びる状態になってしまうため、どれだけ批判があろうとも、作者はどういう結末にしたいかのありのままを、出し切って欲しいと思っています。

ラブコメは現実と空想の狭間な存在

136_06_現実空想狭間

そもそも創作物とは空想の出来事です。

下手にリアルティを求めすぎるのは、作品の楽しめなくなる要因の一つだと思います。

よくオタクを毛嫌いする人の中には、「そんなの現実に存在しない」とか「そんなご都合主義」とか「そんな展開キモい」と言う感想を言う人がいますが、実際オタクは作品にそこまでリアルティを求めているとは限らないです。

しかし、ラブコメは少しだけ勝手が異なります。

ラブコメは空想上の出来事ですが、相手を想い、結ばれる時にはどこか感情移入し、共感を得る必要があるのです。

現実と空想の狭間な的な存在になるんですよね。

そのため、いつまでも結ばれずにダラダラ進行するのは中々共感が得にくく、結ばれた後に結ばれる前を超えるような胸が熱くなる展開を描くのは、かなり難しいように感じています。

そこに更には複数人と結ばれるパラレル的な未来は、更に想像しにくいのです。

ラブコメってどう描くと良い?(超主観)

136_07_まとめ

これまでダラダラと超主観的な意見も交えつつ、ラブコメの傾向について分析しましたが、個人的に以下のようなラブコメが一番しっくり来るという結論に至りました。

・主人公は奇抜にし過ぎない
・登場ヒロインに理想を詰め込みすぎない
・登場ヒロインは多く4人まで
・開始から結末までのアウトラインを元に、無駄に引き伸ばしをしない
・ラストは一人と結ばれて最終回を迎える

主人公は奇抜にし過ぎると、男性読者の感情移入しにくくなり、共感が得にくくなります。

そのためヒロインが奇抜になるのは良いですが、主人公は程々にしておくのがベストと思っています。

一方ヒロインの方は、登場キャラクター数が多すぎる、または登場するヒロインが片っ端から主人公に好意を抱くハーレム系は、エロゲーなら良いですが、ラブコメでやると今度は女性の共感は得にくくなります。

そして物語は最初の構想をベースに作り、人気が出ているから新たに物語を追加して引き伸ばすのは、程々にした方が良いと思っています。

ラブコメは読者から「終わって欲しくない!」と言う強い要望の頂点にあるタイミングで終わらせるのが、一番伝説として残るように感じています。

数年後ぐらいに、後日談みたいなスピンオフで再びムネアツな体験をすることが出来ます。

また、ゲーム化した際に、自分の推しと結ばれるエンドがあるとかなり盛り上がります。



如何でしたでしょうか?

今回はかなり主観的な意見に振り切った記事になります。

もちろん賛否はあると思いますが、あくまでも一個人の考えと思っていただければ幸いです。

逆に自分はこういう意見がある!というのは是非コメント欄で教えていただけると嬉しいです。

ご清覧ありがとうございました。

[ 2023/02/04 20:15 ] 雑学 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
2024年冬アニメ入浴シーンを集めてみた 後編 2024/04/07
2024年冬アニメ入浴シーンを集めてみた 前編 2024/04/06
神秘な魅力を秘めた黒髪ロングについて語ってみた 2024/03/16
神秘なキャラクターエルフについて語ってみた 2024/01/21
ボクっ娘の魅力について語ってみた 2024/01/14
2023年秋アニメ入浴シーンを集めてみた 後編 2024/01/07
2023年秋アニメ入浴シーンを集めてみた 前編 2024/01/06
「萌え」とはそもそも何か 2023/11/25
【再掲】【修正】萌えログ(一時)更新停止のお知らせ 2023/10/07
2023年夏アニメの入浴シーンをまとめてみた 2023/09/30
萌え系単発記事
ボクっ娘の魅力について語ってみた 2024/01/14
「萌え」とはそもそも何か 2023/11/25
驚異的な成長を遂げているASMRについて語ってみた 2023/09/23
近年急成長してきたメスガキについて語ってみた 2023/09/09
昨今急激に注目されている太ももについて語ってみた 2023/08/26
男子の夢のメイドについて語ってみた 2023/05/27
男性の夢であるハーレムアニメについて語ってみました 2023/03/18
漢の浪漫?裸○○シリーズについて語ってみた 2023/02/25
不思議な魅力のダウナー系女子について語ってみた 2022/12/03
可愛ければ良し!女体化について語ってみた 2022/11/19
愛すべきアホの子について語ってみた 2022/11/05
年上ヒロインはお好きですか? 2022/10/22
ボーイッシュな女の子は好きですか? 2022/10/15
理不尽に脱がされるお色気担当について語ってみた 2022/09/17
健康優良児?褐色肌キャラクターについて語ってみた 2022/09/10
混ざりたい?見守りたい?百合について語ってみた 2022/08/06
今一つ認知度が低いTSFについて語ってみた 2022/07/30
アナタは足フェチ?それとも脚フェチ?生足の魅力について語ってみた 2022/07/23
ヒップについてアレコレ語ってみた 2022/07/16
みんなに愛されているラブコメの歴史を振り返ってみた 2022/07/09
バブみたいママ属性ヒロインについて語ってみた 2022/07/02
どの目が好き?感情表現に伴う目の表現方法について語ってみた 2022/06/25
思わず押したくなる「へそ」の魅力について語ってみた 2022/06/18
寝取られ?寝取り?今流行のNTRについて語ってみた 2022/06/11
神秘な領域パンチラについて語ってみた 2022/05/14
愛情の印のキスについて語ってみました 2022/02/12
実家のような安心感の幼馴染ヒロインについて語ってみた 2021/11/27
千と乳首の神隠し!見えそうで見えないアニメの入浴シーンについて語ってみた 2021/11/20
小さい女の子と大きい男の子に愛されているヒロイン変身シーンについて語ってみた 2021/10/30
おっさんホイホイ?ブルマーの誕生から消滅、そして転生までの軌跡を追ってみた 2021/10/09
ジト目について語ってみた 2021/09/25
可愛さ抜群!!ツインテールについて語ってみました 2021/08/28
アホ毛が本体?アホ毛キャラクターについて語ってみた 2021/07/15
知的?罵られたい?眼鏡っ娘キャラクターについて語ってみました 2021/07/04
クール&ビューティ男装女子について語ってみました 2021/06/20
モフモフを堪能するケモミミについて語ってみた 2021/06/15
みんな噛まれたい八重歯キャラクターの魅力について 2021/06/06
絶対領域について語ってみた 2021/05/23
オッドアイについて語ってみた 2021/05/16
デレシリーズ完結編 2021/05/13
クーデレを知りたいですって?いいわ、いくらでも教えてあげる 2021/05/01
ヤンデレを知りたい?フフフ・・・いいわ、教えてあげる 2021/04/20
ツンデレを知りたい?バッカじゃないの!仕方ないわね、良いから聞きなさい! 2021/04/17
みんな追いたくなるポニーテールについて語ってみた 2021/04/10
みんな大好き縞パンについて語ってみました 2021/03/09
考察記事
百合とレズの混濁を歴史の紐解きながら語ってみた 2023/09/02
性的嗜好、性的指向、フェチの違いについて語ってみた 2023/06/24
貧乳キャラは果たして人気があるのか?少し考察してみた 2023/06/17
試合に負けても勝負に勝つサブヒロインについて語ってみた 2023/06/03
悪質な海賊版抱き枕カバー販売業者と戦った軌跡 2023/04/15
過去に問題になったエロゲーについて紹介してみた 2023/04/08
シナリオゲー、キャラゲーなどエロゲ界隈でよく使われるジャンルを整理してみた 2023/02/18
タイトルが長いのでもう少し手短にしてもらえませんか?っていつも思うので、今回は長いタイトルについて語ってみました 2023/02/11
何が正解?ラブコメはどう締めくくると良いか超主観で考察してみた 2023/02/04
髪色によるヒロイン像の傾向を超主観で考えてみた 2022/10/29
ギャップ萌えについて考察してみた 2022/09/03
エロゲ発祥の用語集 2022/06/04
オタクのためのフリマガイド 2022/04/30
VTuber誕生までの軌跡について語ってみた 2022/03/05
最高の夢を与えてくれる抱き枕について語ってみた 2022/02/19
詐欺と噂されるアールジュネスの展示会に行ってきた話 2021/10/10
アダルトゲームメーカーのブランド分けについて語ってみた 2021/02/27
一般ゲーからエロゲーになった作品について語ってみた 2021/02/13
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: